インプラント

小牧市のインプラントなら丹羽歯科医院へ

小牧市のインプラントなら丹羽歯科医院へ

「インプラント」とは、入れ歯やブリッジ、差し歯に代わる治療法です。
抜けた歯の代わりに、自然の歯に近い人工の歯(インプラント)を入れることで、より自然に近い、より美しい歯を取り戻し、食事を美味しく食べることができるようになります。

インプラントとは?

大切な自分の歯、失ってしまったら・・・第2の永久歯「インプラント」

大切な自分の歯、失ってしまったら・・・第2の永久歯「インプラント」

歯が抜けた時、抜けた歯の代わりに、自然の歯に近い人工の歯を入れる治療がインプラントです。
インプラント治療をすることで、天然歯に近い美しい歯を取り戻し、美味しく食べることができるようになります。健康と美容のためにもインプラントを検討してみませんか。

歯が抜けたときの治療法にはどんなものがあるの?

歯が抜けたときの治療法は具体的にどのようなものがあるのでしょうか? 保険・自費それぞれの治療例をご紹介いたします。

部分入れ歯

両端の歯にクラスプ(金属)をかけて入れ歯を固定します。

ブリッジ

両隣の歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復するものです。

インプラント

人工の歯を埋め込みます。そのため、隣の健康な歯を削る必要がありません。
顎の骨にしっかり固定するため自分の歯のように力強く噛むことができます。

インプラントの特徴と効果

  • 噛む機能が回復し、天然歯に近い感覚を取り戻すことができます。
  • 天然歯に近い見た目や色に仕上げることができます。
  • 歯を失った部分の骨が衰退するのを防いでくれます。
  • 入れ歯より精神的なストレスも少なくなり、快適な生活が送ることが可能です。

入れ歯とブリッジとの比較

部分入れ歯(メリット、デメリット)

保険治療 自費治療
メリット 費用が安い 比較的耐久性が良い
装着感が良い
美味しく食事ができるように色々な工夫がされている
デメリット 装着時の違和感を感じやすい
修理が難しい
入れ歯を支える骨や歯の喪失を招きやすい
自然な歯の外観を維持しにくい
費用が高い
修理が難しい
入れ歯を支える骨や歯の喪失を招きやすい

ブリッジ(メリット、デメリット)

保険治療 自費治療
メリット 保険適用のため比較的安い 天然歯に近い透明感のある白さで、見た目が美しい
自分の歯の色と似たものができる
歯の根元や歯ぐき、境目が黒ずむことがない
金属アレルギーの心配がない
デメリット 隣の健康な歯を削る
土台の歯の寿命が短くなる
金属を使用しているため、歯ぐきが黒ずむことがある
長期の使用により変色する
金属アレルギーの心配がある
隣の健康な歯を削る必要がある
土台の歯の寿命が短くなる
費用がかかる

インプラント(メリット、デメリット)

自費治療
メリット 健康な歯を削らない
見た目が天然歯に近い
自分の歯のように力強く噛める
安定した噛み合わせを長期間保つことができる
歯を失った部分の衰退を防止する
デメリット 治療期間が比較的長い
費用が掛かる

こんな悩みをお持ちの方におすすめです

  • 健全な歯を削りたくない
  • 入れ歯に違和感を感じる
  • 美味しく食事をしたい

料金

インプラント

1歯 298,000円(税別)

※インプラントは、医療費控除の対象になります。お気軽にご相談ください。

義歯(入れ歯)

フレキサイト義歯(針金のない入れ歯) 69,000円〜139,000円(税別)
ミニインプラント義歯(総入れ歯をガタつかせないようにする) 298,000円(税別)
金属床義歯(土台が金属の義歯)部分入れ歯 120,000円(税別)
金属床義歯(土台が金属の義歯)総入れ歯 150,000円〜220,000円(税別)

磁石式入れ歯

磁石の力で入れ歯をピッタリ固定します。自由診療扱い(自費)対象の治療法です。
※費用は患者様のお口の状態により異なりますので、ご相談ください。

医療費控除について

医療費の合計が、一定額以上ある場合には、「医療費控除」を受けることができます。

医療費はご家族でまとめましょう

医療費支払いのイメージ

医療費控除は自分の医療費だけでなく、家族の医療費も対象になります。医療費控除を行った場合に還付される税金は、控除額にその者に適用されている税率を乗じた金額となりますので、原則として、家族の中で所得が高く高い税率が適用されている人が、まとめて医療費控除の申告するのがポイントです。
医療費控除は「10万円」か「所得の5%」のいずれか少ない方の金額を超える金額が控除対象なります。

病院への支払い以外にも対象になります

  • 薬局で購入した薬や病院に通うための交通費(電車・バス代)

※介護老人保健施設などで受けたサービスも医療費控除の対象になります。
※電車・バス代は、医療費の明細に「片道金額×乗車回数」を記載してください。

領収書は大切に

「医療費控除」の還付申告には、領収書が必要となります。再発行ができないため大切に保管してください。

支払日を確認してください

医療費控除の対象は、前年の1月から12月に支払った医療費です。前年の12月に治療をしても、医療費を支払ったのが翌年の1月であれば翌年の確定申告になります。

医療費控除の手続きとは

医療費控除計算のイメージ

確定申告書には医療費控除に関する事項を記載し、医療費の領収書を添付して所轄税務署に提出してください。サラリーマンの場合は、源泉徴収票も添付する必要があります。
詳しい内容は、お近くの税務署にご相談ください。
※過去に申告をしていなくても5年前まで遡って控除を受けることが出来ます。

お問い合わせはお気軽に

診療時間 日・祝
9:00~12:00
14:00~19:00

休診日 月曜・木曜
※月曜・木曜の祝日は休診となります。
※日曜・祝日も平常の診療費となっております。
※休日加算はいただいておりません。