TEL:0568-73-9500

〒485-0041 愛知県小牧市小牧4-35

土日祝日も診療しています。

24Hインターネット予約

丹羽歯科医院 愛知県 小牧市 インプラント治療 ホワイトニング 土曜 日曜 祝日 診療有

ホワイトニング

お問い合わせ、詳しくはこちら

採用情報、詳しくはこちら

 

EPARK歯科

 

デンタルローン


 
Mobile Site

小牧市でホワイトニングなら丹羽歯科医院へ

丹羽歯科医院より「最新ホワイトニングシステム」のご案内です

白い歯、健康な口元は、若々しく美しい印象を与えます。ホワイトニングは、歯磨きでは落ちない着色汚れを落とし、白く輝く歯を取り戻してくれます。その反面、「痛い、高い、面倒」といったマイナスイメージも一般的に浸透しているようです。
しかし今、「痛みの少ない、気軽にできる、効果の高い」新しいホワイトニングの施術方法が登場したことをご存知でしょうか?

ホワイトニングの特徴

  従来のホワイトニング 新しいホワイトニング
白さ 薬液によって着色するので透明感のない白さになります。 新ホワイトニングの効果でキラキラ輝く自然な白さになります。
痛み 知覚過敏になることもあります。痛みを感じやすい。 痛みを感じることは非常に少ないです。
色戻り 歯をコーティングしていないので施術直後は特に着色しやすいです。 新ホワイトニング材が歯をコーティングし汚れも付きづらくなり透明感のある白さが長持ちします。
保護力 ホワイトニング剤を歯の表面に塗り色素を分解します。歯にダメージが残ります。 新ホワイトニング材のコーティングにより、歯を傷つけにくく、歯の表面もコーティングされ歯質が強化されます。
お食事 カレー・コーヒー・ワインなど施術直後は特に食事制限があります。 施術直後でもまったく食事制限は必要ありません。
施術時間 次回まで2〜3週間の期間が必要です。 1日何回でも大丈夫。

ステインの付着を防ぎ、歯を健康に美しく

新しいホワイトニンは、新しいホワイトニング成分を使ったホワイトニングの施術方法です。
この新ホワイトニング材は食品添加物としても認められている成分のため、その安全性も保証されています。
このホワイトニングは、歯の汚れを落とし、コーティング(ステインや歯石の沈着防止)するため、痛みもなく、着色しにくく、透明感があり、さらに歯を丈夫にし虫歯予防、歯周病予防にもなります。

紅茶やコーヒー、タバコのやに等でくすんでしまった歯の表面には、ステインが付着しています。
新ホワイトニング材は歯面に付着したステインに近づくと、ステインを剥がしながら歯の表面をきれいにすると同時に、歯をコーティングして再び汚れてしまうことを防ぎます。

新しいホワイトニングの流れ

  • 歯の表面をクリーニングします。
  • ホワイトニング専用ジェルを歯に塗っていきます。食品にも使われている成分なので安心して使用出来ます。
  • ジェルを塗り終わると専用のライトで光を8分間当てます。
  • ジェルを塗りライトを当てるのを3回繰り返します。
  • 新しいホワイトニングは他のホワイトニングと違い、終わった直後から普通に食べたり飲んだりしても白さに影響が有りません。

※当院のホワイトニングは20分×3回の歯のお掃除付きで¥8,190(税別)となっております。

料金

  • ホワイトニング     8,190円(税別)
  • セルフホワイトニング  3,000円(税別)
  • 歯磨きジェル     690円(税込み)
 
セルフホワイトニング
セルフホワイトニングは1日に数回行うことが可能で、患者様のタイミングでご使用いただけます。
正しくご使用いただけるよう、初回は丁寧にご説明いたします。

ホワイトニングの方にお勧めの歯磨きジェル
ボタニカル系の無添加処方・天然オレンジミントの香り、丹羽歯科医院の歯磨きジェルをご用意しております。
効能は、ホワイトニング効果、歯石除去、口臭と虫歯防止、口内洗浄など、お口を清潔健康に保ち、歯茎の引き締め効果も期待できます。
歯磨きジェル

虫歯の治療ってどんなものがあるの?

虫歯の状態について

素材と治療について

軽度な虫歯に対する治療
保険治療
  • 銀歯(つめもの)
  • レンジ(つめもの)
自費治療
  • 金歯(つめもの)
  • セラミック(つめもの)
中度・重度な虫歯に対する治療
保険治療
  • 銀歯(つめもの)
  • 銀歯(かぶせもの)
  • レンジ前装冠(かぶせもの)
  • メタル(土台)
自費治療
  • 金歯(つめもの)
  • セラミック(つめもの)
  • 金歯(かぶせもの)
  • セラミック(かぶせもの)
  • ファイバー(土台)

メタルフリープラン

銀歯とセラミック あなたはどちらを選びますか?

現在、お口の中に、銀歯はありますか?
入っている方は、健康保険の範囲内で選択されたものだと思われますが、この銀歯は、実は、ある程度の年数で外したほうが良い物なのです。
どのくらいの年数で外したほうが良いと思いますが?
多くの方が一生使えるだろう、と思われていたのではないでしょうか!?
銀歯は、平均5年くらいが寿命と言われています。

金属の詰め物による弊害

  • 見た目が悪い
  • 金属アレルギーの誘発
  • 2次的な虫歯になりやすい
  • 銀歯の方が固いため、ご自身の歯を傷つけてしまう

奥歯が痛い・・・この患者様の場合は、右上の奥歯が痛くて来院されました。しかし実際に歯の状態を調べてみると、痛みがある歯以外にも虫歯が見つかりました。また、以前治療した歯には金属の詰め物が入っています。

他の治療や、銀歯を白い歯にするプランもご提案します

1.保険治療の場合 保険が適用できるため、費用が安くすみます。

2.保険と自費を併用の場合 見た目を白い歯にします。保険が適用できない歯は、自費で治療します。

3.自費治療のみの場合 保険は適用できませんが、天然歯に近い自然な白い歯になります。

~保険治療と自費治療の比較~

保険でできるプラスチックの詰め物
  • 時間の経過により変色してくる
  • 食べカスがつきやすい
  • 二次的な虫歯になりやすい
保険がきかないセラミックの詰め物
  • 天然歯に近い透明感のある色と硬さ
  • ほとんど変色しない
  • 食べカスがつきにくい
  • 金属アレルギーにならない

どうしたら、繰り返しの治療をとめることができるのか?

それは、歯と同じくらいの硬さのものを入れてあげることです!!
セラミック、ハイブリッドといった、金属を使用しない素材のものです。
同じくらいの硬さなので、カチカチしても、亀裂は入りにくくなります。
定期的なクリーニングは必要ですが、繰り返しの治療は防ぐことができ、長期的な保存も可能なのです!!
こちらは保険診療の銀歯とは違う、自費治療になります。

ご自身の一生使っていただく大切な歯です。よく考えてみてください。

page top